クラウドサーバーのメリットおよびデメリット

「クラウド」という言葉はご存知だと思います。「Cloud(雲)」という意味で、クラウドコンピューティングを指します。

インターネット環境さえあれば、会社からだろうと自宅からだろうとどこからでも使えるサービスです。

このシステムをレンタルサーバー会社が、「専用サーバー」や「共用サーバー」とともに提供しています。

VPS同様クラウドも、中級者向けのサービスです。利用するには、サーバー運用の知識がある程度必要になります。

クラウドサーバーのメリット

クラウドサーバーをお選びになる場合、クラウドサーバーにするか、VPSにするかという選択になるかと思います。

どちらも仮想技術を使ったものなので、機能的には共通する部分があります。

両者の大きな違いは、クラウドサーバーの方がVPSよりも機能が多く、用途が広くなっています。より自由度が高いのは、クラウドサーバーの方でしょう。

VPSがサーバー1台ごとの契約になるのに対して、クラウドサーバーの場合は複数台のお申し込みとなります。

クラウドサーバーのデメリット

クラウドサーバーは一般的に、専用サーバーよりは安い価格で提供されていますが、台数制限無しで提供されていたりすると高くなる場合があります。

「専用サーバーより安いからクラウドサーバーに決めた」という場合に、安くならないケースが出てきます。

クラウドサーバーの契約に、「固定料金」と「従量課金」があります。固定料金は月額で料金が決まっていますが、従量課金をお選びになると利用した分だけ費用がかかりますから、この点に注意が必要でしょう。

また、クラウドサーバーはどこからでも自由にアクセスできるサービスですが、この自由さはセキュリティ面から考えると不安な要素となります。

仕事内容がセキュリティを重視する場合は、専用サーバーを利用した方が良いかもしれません。クラウドサーバーをご利用になる場合は、しっかりしたセキュリティ対策が必要になるでしょう。

Copyright © 今更聞けない!中小企業の為のレンタルサーバーの選び方. All rights reserved.