専用サーバーのメリットおよびデメリット

専用サーバーは、ひとつのサーバーを自社だけで利用できるレンタルサーバーです。

自由にカスタマイズができるのが特徴で、利用できる機能が多い分だけサーバー運用の知識が不可欠です。

また、サーバー1台を専有するため、レンタル料は高めに設定されています。

データベースを作成するのに大容量が必要になる、中小企業向けのサービスと言えそうです。

専用サーバーのメリット

レンタルサーバーに大容量や高いスペックを望んでおり、お金はかかってもいいからサポートの良いレンタル会社を選びたいという場合は、「専用サーバー」にしましょう。

もっとも料金が高いと言っても、レンタルサーバー会社が少なかった頃に比べれば、今はかなり料金が下ってきており、利用しやすくなっています。

また、多くのレンタルサーバー会社は専用サーバーに力を入れていますから、満足のゆくサービスが受けられるはずです。

高い利用料金を払っているのに使い勝手が悪かったら、契約しているユーザーは怒ってしまいますよね?

専用サーバーには、ユーザーのサポートをしっかり行うサービスを提供しているレンタルサーバー会社があります。

専用サーバーのデメリット

専用サーバーの一番のデメリットは、利用料金が割高になってしまうことでしょう。

また、先ほど専用サーバーなら満足のゆくサービスが受けられると書きましたが、専用サーバーを運用するには相応な知識が必要とされ、運用や管理はすべて自分が行うことになります。

共用サーバーの場合は、レンタルサーバー会社にすべてお任せして手軽に利用できますが、専用サーバーはそうではありません。

専用サーバーを契約する場合には、レンタルサーバー会社のサービスに期待しすぎると落胆することがありそうですから、事前に契約内容をよくご確認ください。

レンタルサーバー会社の中には、このような点を見越して技術的なサポートを行うサービスも提供されています。ただ、そのサービスを受けるにしてもお金がかかりますので、ご予算を多めに取っておかれた方がよさそうです。

Copyright © 今更聞けない!中小企業の為のレンタルサーバーの選び方. All rights reserved.