VPSのメリットおよびデメリット

VPS(バーチャルプライベートサーバー)は、ひとつのサーバーを仮想的に専用サーバーとして利用できるレンタルサーバーです。

共有サーバーの手軽さと低料金、専用サーバーの安定感という両方の良さが取り入れられています。

ただし、専用サーバー同様、サーバー運用に関する知識がある程度必要になります。知識が足りないと、十分に使いこなせないことがあるようです。

バーチャルプライベートサーバーは、どちらかと言えば中級者向けのサービスであり、共用サーバーを使っていて不満を感じているような人が利用するのに向いています。

VPSのメリット

VPSの大きな特徴は、専用サーバー同様ユーザーに「root権限」と呼ばれる管理者権限があることです。この権限を利用して、自分のサーバー環境で設定の変更が自由にできます。

共用サーバーに比べると、自分の好きなようにカスタマイズできるというのがVPSのメリットでしょう。

また、専用サーバーをレンタルするとなると高くなってしまう料金が、VPSの場合安く利用できるというのも魅力的です。

専用サーバーをごらんになって、「高スペックだけど、料金が高いなぁ……」と感じるような場合は、VPSと料金を比較してみることをおすすめします。

VPSのデメリット

専用サーバーと共有サーバー双方のいいところどりで、デメリットなどなさそうなVPSですが、人によってはサービスが中途半端に感じられることがあるようです。

「共有サーバーよりはマシだけど、使い勝手が悪い……」と思ってしまうことがあります。

しかし、それはレンタルサーバー会社のサービスが悪いだけかもしれませんから、契約する際には複数のVPSを使ってみてからの方がよさそうです。

レンタルサーバー会社の中には「お試し期間」を設けているところがありますから、お試し期間で複数のVPSを使ってみてはいかがでしょうか?

Copyright © 今更聞けない!中小企業の為のレンタルサーバーの選び方. All rights reserved.